Wednesday, November 2, 2016

海外在住者とマイナンバー 2016年

私は日本育英会(新しい名前忘れた)の借金があるので、日本に送金しないといけないのである。マイナンバーが導入されてから話がややこしくなったので、「これで日本に送金できなくなったら、話ややこしいじゃん! 借金ほっとくか」と一瞬思ったが、そうするとまず間違いなく親から激怒の連絡が来るはずである。(親が保証人) 
マイナンバー導入されたし、送るの大変かも? 育英会と交渉して1年ごとに送金? とか思っていたらこんな記事発見。

海外在住者はマイナンバーなしで送金可能、ただし転居の届出は必要と異例の公表(日経ITPro)

引用
内閣府番号制度担当室と金融庁総務企画局政策課は2016年2月22日、海外に住む国内非居住者がマイナンバー(個人番号)を持たないことのみを理由に、金融機関が国内の預貯金口座への送金や、送金された金銭の払い出しを拒否することはないと異例の公表をした。

 ただし、国内に住んでいた人が海外に転居して国内に送金する場合、金融機関に対して住所が海外にあることを正式に届け出る必要がある。また、金融機関がもともと国内居住者向けに限定しているサービスは利用できない。

引用終了

発表資料はこっち。これはとりあえずダウンロードして保存(笑)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/pdf/280222_kokugaisoukin.pdf

ということで、住所を海外にしたらOKらしい! ちなみに、私の口座(調べたら、東京三菱UFJのメインバンクプラスというらしい)は前に「面倒だからこっちの住所に書き換えちゃえ!」と思って書き換えてしまったので、こっち(アメリカ)の住所である。

なんだ、送金できるじゃん。今度試してみよう。

今日の教訓 海外にいる人は銀行に登録している住所を海外に移したらOKらしい。それにしてもややこしい世の中である。

過去のブログ
日本への送金 2015年 (マイナンバーの話)
日本帰国2016年 もうほとんど外人?(バンクオブ◯メリカのATMカードでお金を下ろせる日本のATMの話)

Tuesday, October 11, 2016

ウォーレンバフェットが2015年の納税額を公表

日曜日に大統領候補討論会があった。そこでトランプが「バフェット氏はとても多額の税控除を受けている」とコメントしたのを受けて、次の日にウォーレンバフェットが2015年の納税額を公表した。

オリジナルはこれだと思う。
Some Tax Facts for Donald Trump (BusinessWire, a Berkshire Hathaway company

思ったこと。
1.すごいdonation(寄付)の金額!
2.13歳から税金納めはじめて、72年分全部持ってるらしい。よく保管してるわ。。。

今日の教訓 ウォーレンバフェットの応酬!

過去のブログ
The Power of Patience


Saturday, October 1, 2016

UberをWiFiで利用

私は車を持っていない。車買おうかと思ったが、ボストン市内に住んでるし、どの車買おうか見に行くのも面倒くさい(?)ということで、車は今のところ持ってない。延期である。

自転車で行くのにはちょっと遠い友人のうちに遊びに行くことになったのでUberを私のスマホにダウンロードしてクレジットカード情報を入れた。Uberて何?という人がいるので、Wikipediaから引用。

Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。

特徴としては、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みを構築している点で、顧客が運転手を評価すると同時に、運転手も顧客を評価する「相互評価」を実施している。

引用終了。

さて私はスマホのデータプランを持ってない人である。家でも大学でもWiFiで使用。だがUberにはデータプランが必要だとおもっていた。私のT-mobileのプランは月3ドルで、たまにデータが必要なら1日5ドルで使えるとウェブサイトに書いてあったので、Uberのために設定しようと思っていたら、これが非常にやりにくく設定されている(←つまりT-mobileとしてはやりたくない)

Uber乗って行けないじゃん!

と思っていたら、こんな記事を発見した。

Tips: How to request for an Uber ride even without mobile data
簡単に言うと、スマホでWiFiでUberのアプリで車を予約して、それで乗る!
乗る前にメモしておくこと。(あるいはスクリーンショットしておくこと)

・運転者の名前
・車のメーカーとモデル
・車のナンバープレートのナンバー

以上!

ということで無事に乗れた。興味がある人は、上の記事(英語)を読んでやってみてください。

さらに最近はスマホを持っていなくても大丈夫らしい! 詳しくはこっち。
Using Uber without a smartphone
これは私はやってないので、興味がある人はやってみてください。

Uberはタクシーよりも楽かもしれない。なんたってタクシー、呼び出してもいつ来るかわからないし、金額が最後までわからないのが困る。Uberは金額だいたい決めてから乗るし、普通のUberはチップなし!(←タクシーはチップあり)。ちなみにこのUber、時間とか車の数とかで値段が変わる。大吹雪の日に空港に到着して、一般交通機関も止まっているし、タクシー乗り場は大渋滞だしで困った人がUber使ったらものすごく取られたそうな。その一方で学生が「疲れたからUberで帰る」と使っていたり、街中ではそのぐらいの値段である。

タクシー潰しそうな勢いのUberだが、対抗馬も現れてかなんだか知らないが、減収らしい。
Uber Loses at Least $1.2 Billion in First Half of 2016
あんまり使わないけど、無くなるとそれはそれで困るんですけどー!

今日の教訓 UberはWiFiで予約できる。

過去のブログ
Uberとスマホ
Unlocked携帯(SIMフリー携帯)すばらし

Sunday, September 18, 2016

アメリカ人、文章書くのが大好き

この国は文章書いてなんぼ(?)である。

例。
NIHのRシリーズ(一般的な研究費申請書)の募集要項102ページ。しかも半年ごとぐらいにバージョンが変わって、いろんなことを変更しなければならない。 さらにそのSupplement(補講?)の募集要項100ページ。

ありえーん!

読む気もせーん!

この前までは他のシリーズのも一緒くたになっていたので、さらに情報探すのがややこしかったが、シンプルにしても100ページ。ありえへん。しかもPDFのタイトル(左に出てくるやつ)が使えん。。。。昨日はそのSupplementの中をウロウロしたあげく、結局わからずじまい。同僚に明日聞いてみよう。

ブツブツ言っても仕方がないのだが、長々だらだらと英語をかける人がいっぱいいるにちがい無い。信じられん。
あまりにもいろんなことがややこしいので、それを手伝う人たちが雇われて、それで雇用が成り立っているというのが私の感想である。

昔のIg Noble賞を思い出した。
An interim report about the report about reports about reports
もちろん受賞者はThe US Governmentである。

ついでに思い出した。
Plain Writing Act of 2010: Federal Agency Requirements
こっちもどうなった?

今日の教訓 文章(英語)書いてなんぼ!

過去のブログ
映画ツイスターに見る研究費獲得方法

Saturday, September 17, 2016

DNA電気泳動のバッファー検討しなおし+エチジウムブロマイドの神話

今日の大発見。

発見その1
学生2人に実験を教えているのだが、授業があるので学生は忙しすぎて時間がなかなか取れないのである。それでDNA電気泳動を早く終わらせるにはどうすればいいか、調べていたのである。
日本で所属していたラボではTBE buffer
ドイツで所属していたラボではTAE buffer
アメリカのラボではTAE buffer

日本でいたときのほうが泳動早く済んでいたような?と思ってインターネットでTAEとTBEの違いを調べようと思ったらこんなのを発見。

Which is Best: TAE, TBE or Something Else? (BitesizeBio)

Is this true that we have better alternatives to TAE and TBE Buffers for agarose gel electrophoresis? (ResearchGate)
ディスカッションにオリジナルの論文が載っている。ダウンロードして読んでみた。

なんと誰かがバッファーを検討しなおして、voltageを上げても大丈夫なbufferを作ったそうな。しかもTAEやTBEよりも安い!!!!なんと!!!!!!検討の価値あり。来週さっそく試薬を購入して学生に試してもらおう。

Faster, Cooler DNA gels (BitesizeBio)から組成を引用。
10mM sodium boric acid (Na2B4O7/Borax)
For standard applications (separation of DNA fragments from 100bp-5kbp).
Our lab’s standard DNA gel buffer has become 20 g of Borax into 1 l of water which gives a 20x stock solution. Small gels run in 10-15 minutes at 200V.

5mM lithium acetate (LiOOCCH3, CAS:546-89-4)
For separation of fragments longer than 3 kbp.

1mM lithium boric acid (Li2B4O7, CAS:12007-60-2)
For separating small DNA fragments and ssDNA

元の文献知りたい人はこっちをどうぞ。
Sodium boric acid: a Tris-free, cooler conductive medium for DNA electrophoresis
Ultra-fast high-resolution agarose electrophoresis of DNA and RNA using low-molarity conductive media

Mupid(アメリカでも売ってる)に変更したほうが小さいし早いかしらと思っていたのだが、その必要なさそうである。

発見その2
ついでにエチジウムブロマイドをもっと安全性の高いものに変えようかしらと探していた。SYBR greenとかGelRedとかSYBR Safeとかの値段とか使い勝手を調べたらここに行き着いた。
Ethidium Bromide: The Alternatives (またもやBitesizeBio) 高いー。ThermoFisherのウェブサイトとかSigmaAldrichのウェブサイトとかで調べてみたけど、高いー。と、いろいろ調べていたらこんな記事発見。

The Myth of Ethidium Bromide (Science Translational Medicine)
日本語訳「エチジウムブロマイドの神話」

えーーーー!!!!!
4回生の時に研究室に入ってからずーっとエチジウムブロマイドは発がん性があると信じていたのだが、実はそうでもない? 今まで通り大学の指示どおりに処理はするけど、そうピリピリすることもない???? 興味のある方は上の記事を是非とも読んで判断してください。

ついでにBitesizeBioはFeedly(RSS feeder)に登録してー。

ついでに思い出した話。
Lab staple agar hit by seaweed shortage
今でも十分高いけど、これからはさらに値段があがる?再利用の仕方は時間と研究費(さいふ)にやさしいエコ実験をどうぞ(笑)

今日の教訓 たまには実験プロコトールの検討しなおしするもんだ。

過去のブログ
時間と研究費(さいふ)にやさしいエコ実験

追加情報 一般的なDNA泳動のvoltageの決めかたを発見。
Agarose Gel Electrophoresis Tips & Tricks (ThermoFisher Scientific)
How do you choose the running conditions for agarose gel electrophoresis?
The recommended voltage is 4–10 V/cm (distance between anode and cathode, not the length of the gel) in the gel electrophoresis unit. If the voltage is too low, then the mobility is reduced and band broadening will occur due to diffusion. If the voltage is too high, the band resolution is reduced, mainly because of gel overheating.

新しいバッファーではどこまでvoltageを上げることができるかしら? ふふふ。